1-3 商品先物取引の仕組み - 先物・オプション入門

商品先物取引は、将来の一定期日に一定の商品を売る又は買うことを約束して、その価格を現時点で決める取引です。決済の方法、取引手続きなど、慣れ親しんでいる日常的な取引とは仕組みが異なります。

商品先物取引と現物取引の違い

私たちの通常の取引では、取引時に代金と商品を交換するのが一般的です。
これに対して、商品先物取引は「半年後に金を1kg、1gあたり2,000円で売る(又は買う)」というように、将来のある時期における商品の売買を約束する取引です。

商品先物取引の特徴

標準化された取引

商品先物取引では、各契約の満期(限月:げんげつ)、受渡しに供用できる商品の品質、受渡単位、受渡場所、立会時間、呼値(よびね)、売買単位などの条件が標準化されています。

証拠金取引

取引に参加するために必要な担保金であり、また取引を決済するまでは定められた金額を維持することが必要です。 証拠金額の計算は、証拠金計算方法であるSPANR(スパン)に基づいて行われます。

スパンに基づく証拠金計算で算出された額からネット・オプション価値の総額(*1)を差し引いた額を証拠金所要額といい、これに受渡証拠金を加算したものを取引証拠金維持額といいます。この維持額は取引を行うために必要な最低証拠金額であり、委託者証拠金として受託取引参加者により計算結果以上の預託を求められることがあります。

取引証拠金所要額 = スパン証拠金 - ネット・オプション価値の総額
  取引証拠金維持額 = 取引証拠金所要額 + 取引受渡証拠金(*2)

  *1 ネット・オプション価値の総額 : 買オプション価値の総額 - 売オプション価値の総額
    買オプション価値の総額 = ロング・ポジション(買い超建玉) × 帳入値段 × 取引倍率
    売オプション価値の総額 = ショート・ポジション(売り超建玉) × 帳入値段 × 取引倍率
  *2 取引受渡証拠金 : 商品市場において受渡しにより決済を行う場合に必要となる証拠金額

スパンにより証拠金計算の基礎となる変数は、㈱日本商品清算機構が決定し、配信します。
  詳細につきましては、㈱日本商品清算機構のホームページ(http://www.jcch.co.jp/)をご覧ください。

商品先物取引の決済方法

商品先物取引の決済には、受渡決済と、差金決済という二つの方法があります。

決済の具体例

当初の買い取引が2,000円で1枚約定したとき … その後

≪差金決済≫
(1) 2,100円で反対売買(売り)を行った場合
⇒2,000円で買ったものを2,100円で売るから
(2,100円-2,000円)×1,000(倍)×1(枚)= 100,000円・・・利益
(別途手数料と税金がかかります)

(2) 1,900円で反対売買(売り)を行った場合
⇒2,000円で買ったものを1,900円で売るから
(1,900円-2,000円)×1,000(倍)×1(枚)= -100,000円・・・損失
(別途手数料と税金がかかります)

≪受渡決済≫
(3) 現物の授受を行った場合
⇒当初の買い取引が1gあたり2,000円なので、200万円を支払い金1kgの現物を受け取る。
(別途手数料と税金がかかります)

例)金の受渡決済の手続き

金の受渡決済の手続き

商品先物市場における値洗い等

商品先物市場では、建玉(たてぎょく:未決済の取引)について、価格変動によって生じる計算上の差損益を毎日計算しています。これを「値洗い」といいます。
値洗いによって得られる損益を「値洗損益金通算額」といい、その求め方は、未決済の個別の取引について「約定値段」と「帳入値段」との差額に「取引単位の倍率」と取引数量を乗じて得られた額について、損益を通算したものです。

≪値洗いの例≫
1日目:金の買い取引が約定値段2,000円で2枚成立した
1日目:帳入値段が2,030円であった⇒値洗損益金通算額:6万円
2日目:帳入値段が2,070円であった⇒値洗損益金通算額:14万円
3日目:帳入値段が2,055円であった⇒値洗損益金通算額:11万円

値洗いグラフ

相場変動により計算上の損金(値洗損金)が発生した場合は、翌営業日の正午までの商品先物取引業者が指定する日時までに、現金で預託します

また、商品先物取引業者との取り決めにより、計算上の益金(値洗益金)については、返戻又は証拠金に振り替えることができます。ただし、返戻又は振替は、預託している証拠金額(預り証拠金)の総額に値洗損益金通算額及び売買差損益金を加減し、委託手数料を差し引いた金額が委託者証拠金額を上回っているときの差額に限定されます。


  詳細につきましては、㈱日本商品清算機構のホームページ(http://www.jcch.co.jp/)をご覧ください。


TOP