平成19年6月から適用するTOCOM Indexの配分比率について

2007.4.18

 平成19年4月18日開催の理事会において、平成19年6月1日から適用するTOCOM Indexの配分比率が下記のとおり決定しましたのでお知らせします。

1.平成19年6月1日からの配分比率

白金

パラ
ジウム

アルミ
ニウム

ガソ
リン

灯油

原油

ゴム

総計

23.20%

1.63%

8.25%

0.61%

3.81%

19.89%

10.34%

28.85%

3.42%

100.00%

参考:平成19年5月31日までの配分比率

17.70%

1.12%

8.15%

0.44%

3.44%

24.60%

14.77%

26.83%

2.95%

100.00%

増減

+5.50%

+0.51%

+0.10%

+0.17%

+0.37%

-4.71%

-4.43%

+2.02%

+0.47%

2.原油の配分比率決定方法の変更について

①変更内容
 現状、原油の現物市場の規模を決定するにあたっては、原油の月間輸入量からガソリン及び灯油等の石油製品の「月間国内販売量」を差引いたものに月末価格を乗じた額を使用していますが、原油の月間輸入量から差引く量を、「石油製品の月間生産量( 製油所)」に変更します。

②変更理由
 ガソリン、灯油以外の石油製品の上場を想定した場合、製品で輸入される比率が高い物品もあり、原油の月間輸入量から石油製品の月間国内販売量を差引いてしまうと、国内で原油から精製される以上の量を差引いてしまうことになります。よって、原油の月間輸入量から差引く量を、石油製品の月間国内販売量から月間生産量(製油所)とすることで、原油の現物市場の規模をより適切に配分比率に反映させることとします。

③変更時期
 平成19年6月1日適用の配分比率から変更。

 上記の配分比率の見直し及び原油の配分比率決定方法の変更を反映した東京工業品取引所商品指数算出要領はこちらをご覧ください。

以上

 

TOP