2009年7月~9月のボリューム・ディスカウントについて

2009.6.30

20097月~9月のボリューム・ディスカウントについて

キャンペーン割引額を継続、またゴムはより適用しやすく

 株式会社東京工業品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 江崎 格)は、ボリューム・ディスカウントについて、2009年7月から9月の間においては、以下の基準枚数及び割引額を適用いたします。

 ボリューム・ディスカウントについては、4月から6月をキャンペーン期間として、割引額を通常時に比べて大幅に拡大してまいりましたが、7月から9月においても割引額の拡大を継続いたします。また、ゴムについては、基準枚数を従来の第1階層30,000枚、第2階層60,000枚から、第1階層20,000枚、第2階層40,000枚へと引き下げました。

 

1.基準枚数及び割引額

  取引参加者の1ヶ月の売買枚数の累計が(1)の基準枚数を超えるときは、基準枚数を超える売買枚数の定率参加料から(2)の割引額を差し引きます。

(1)基準枚数

第1階層

第2階層

第3階層

第4階層

第5階層

第6階層

金標準

100,000枚

200,000枚

300,000枚

400,000枚

500,000枚

600,000枚

2,000枚

4,000枚

白金標準

20,000枚

40,000枚

パラジウム

2,000枚

4,000枚

アルミニウム

2,000枚

4,000枚

ガソリン

20,000枚

40,000枚

灯油

20,000枚

40,000枚

原油

5,000枚

10,000枚

ゴム

20,000枚

40,000枚

金ミニ

100,000枚

200,000枚

300,000枚

400,000枚

500,000枚

600,000枚

白金ミニ

8,000枚

16,000枚

(2)売買1枚毎の割引単価

(以下の区分毎の売買枚数に割引単価を乗じたものの合計額を割り引く。)

第1階層を超え
第2階層まで

第2階層を超え
第3階層まで

第3階層を超え
第4階層まで

第4階層を超え
第5階層まで

第5階層を超え
第6階層まで

第6階層超

金標準

5円

10円

15円

20円

25円

30円

金ミニ

3円

5円

8円

10円

13円

14円

第1階層を超え
第2階層まで

第2階層超

金以外の標準

10円

20円

白金ミニ

5円

9円

 

2.適用期間

2009年7月から9月まで

(参考) ボリューム・ディスカウントとは

 取引参加者に対し、一定基準を超過した取引について定率参加料(取引枚数に応じて取引所に支払う手数料)を割引く制度。取引の増加及び新たな市場参加を促し、流動性の向上を図ることを目的としている。 東京工業品取引所ではボリューム・ディスカウント制度を2008年3月から導入している。 

 

TOP