2010年度事業計画について

2010.3.16

株式会社東京工業品取引所は、新たに策定した中期経営計画(2010年4月~2013年3月)に基づき、2010年度の事業計画を策定いたしましたので、下記のとおり概要をお知らせいたします。

Ⅰ.経営方針
  前年度は非常に厳しい経営環境であったものの、事業計画に掲げた施策を着実に実施することにより、2004年度からの取引高の減少傾向に歯止めがかかり、増加傾向が覗えるまでになった。
  2010年度は、引き続き取引基盤の整備を実施することに併せ、マーケティング活動を積極的に展開することで、これらの施策を実際に流動性向上に結びつけることによって、取引高の増加傾向を確たるものとし、次年度の黒字化へと繋げることを経営方針とする。

Ⅱ.事業戦略

 1. 取引基盤

 (1) 取引時間の延長

 

 (2) グローバルスタンダードな取引ルールの導入

 (3) 新たな流動性供給者の参入のための環境整備

 (4) 取引システム等の整備

  (5) 清算機能(クリアリング)の信頼性強化

 2. マーケティング

 (1) 営業・マーケティング活動の強化

 (2) 広報・啓発活動

 (3) 取引参加者等への情報提供及びニーズの汲み上げ

 3. 上場商品

 (1) 軽油先物取引の再開

 (2) 市場参加者のニーズを踏まえた商品設計の見直し

 (3) 排出量取引の研究

 (4) OTC市場との連携

 (5) 市場制度の調査、研究

 4. 自主規制業務

 (1) 取引参加者に対する監査

 (2) 取引参加者が行う取引の内容の審査

 5. その他

  (1) 諸規程の改正、英語版諸規程の整備

 (2) 専門性向上

Ⅲ.数値目標
 1. 取引高目標
  日経・東工取商品指数の上場、軽油の再開及び取引時間の延長等の施策の効果を見込み、2010年度下期に1日平均取引高17万枚(通期15万枚)を達成することを目標とする。

 2. 収益目標
経常損失を5億円程度まで圧縮し、2011年度の黒字転換へと繋げることを目標とする。
                                                                         以上 

TOP