中京石油市場の開設について

2010.6.23

 当社は、本日の取締役会にて、現行の石油市場とは別に中部大阪商品取引所(以下、中部大阪商取。)における商品設計と同様の「中京石油市場」を10月12日に開設することを決定しました。

 新たに開設する中京石油市場は、ガソリン、灯油を取引対象とし、売買仕法や取引時間等を除き、現在の中部大阪商取の石油市場と同様の商品設計とします。(取引開始当初の限月構成は、2011年2月限、3月限、4月限とする予定。)

  中部大阪商取の石油市場は、取引高は減少傾向にあるものの、受渡しの実績から産業インフラとして大きな役割を果たしており、当社は中京石油市場を開設することで、既存の取引参加者が取引を継続できる場の提供を目指します。また、当社の売買仕法及び取引時間を適用することで取引機会を拡大し、新たな取引参加者の参入も見込まれることから、市場の活性化ならびに当社の企業価値の向上にも資するものと考えています。

  今後主務省へ認可申請し、認可取得を前提に10月12日に取引を開始する方向で準備を進めます。


(参考)当社の現行市場と中京石油市場等の主な商品設計(ガソリン・灯油)

当社

中部大阪商取

石油市場(現行)

中京石油市場(案)

石油市場(現行)

売買仕法

システム売買による個別競争売買(複数約定)

システム売買による板寄せ仕法
(単一約定)

取引時間

日中立会:9:00〜15:30 
夜間立会:17:00〜翌日4:00

前場:9:15、10:15、11:15
後場:13:15、14:15、15:15

取引単位

50キロリットル

10キロリットル

受渡単位

100キロリットル

10キロリットル

受渡場所

海上出荷設備を有する神奈川県、東京都及び千葉県に所在する製油所又は油槽所。

愛知県名古屋市港区潮見町及び同県海部郡飛島村に所在する油漕所。

受渡方法

内航船(バージ)

タンクローリー

サーキットブレーカー

導入

なし(制限値段を設定)

取引本証拠金
基準額

直近の価格変動を踏まえて設定

標準価格帯に対応した額を設定

 

 

 

サイドナビゲーション

サイドナビゲーションここまで

ページの上部へ戻る