2011年度 大学学部における寄附講義の開設

2011.2.25

 株式会社東京穀物商品取引所、関西商品取引所及び株式会社東京工業品取引所は、商品先物取引の普及・啓発活動の一環として、2011年度に下記の6大学の学部において商品先物取引に関する寄附講義を共同で開設致します。

 本講義では、商品先物取引を中心に各種デリバティブ取引の基本的な仕組みやそれぞれの商品市場の概要に加えて資産運用及びリスク管理に係る基礎知識を講義する予定です。この講義の受講者には、商品先物取引の知識を習得していただくだけでなく、パーソナル・ファイナンスを考える契機となるような講義にしたいと考えております。

 講義は、商品先物市場に造詣の深い大学の研究者と実際に商品市場の運営にあたっている取引所の役職員が担当することになっております。これにより理論と実務のバランスのとれた講義内容となることを期待しております。

講義名:「現代商品市場論」

開設大学:前期 立正大学経済学部、明治学院大学経済学部、東京経済大学経営学部

        後期 名古屋大学経済学部、神戸大学経済学部、関西学院大学経済学部

       各大学において半年間・計15回の講義を行う(試験1回分を含む)

講師:名古屋大学経済学部教授・大学院経済学研究科教授 家森信善

     立正大学経済学部教授・大学院経済学研究科教授 林康史

     株式会社東京穀物商品取引所 代表取締役社長 渡辺好明、執行役員 伊藤國光、
                          経営企画部長 山下雅弘

     関西商品取引所 理事長 岡本安明

     株式会社東京工業品取引所 執行役 小野里光博、市場構造研究所部長 山岡博士、
                         経営企画部長 安田毅史

TOP