2013年2月12日以降のサーキットブレーカー(CB)の運用等について

2013.1.31


 2013年2月12日以降のサーキットブレーカー(CB)の運用については、当分の間、下記のとおりとしますので通知します。
 ただし、市場状況等を勘案し当社が必要と認めた場合においては、当初幅、拡大値幅及び拡大回数等を変更することがあります。その際には、別途通知します。
 なお、2月12日取引開始予定の、一般大豆、小豆、とうもろこし及び粗糖の取引開始日当日におけるCBの基準となる値段については、2月8日の株式会社東京穀物商品取引所における当該各商品各限月の帳入値段と同一の値段を設定します。

1. CBの当初値幅等及びCBの拡大回数運用等について

商品名 (ミニ・オプション含む) 当初値幅 (=拡大値幅) CBの運用
拡大回数 中断時間
貴金属市場
150円
3回
5分
6.0円
白金
200円
パラジウム
100円
石油市場
ガソリン
2,400円
灯油
2,400円
原油
2,400円
軽油
2,400円
中京石油市場
中京石油 ガソリン
2,400円
中京石油 灯油
2,400円
ゴム市場
ゴム
5.0円
農産物・砂糖市場
一般大豆
2,000円
2回
小豆
350円
1回
とうもろこし
1,000円
2回
粗糖
2,000円

 

2. CB発動時の運用について

(1) 限月毎にCBが発動される。
(2) CBが発動したときは、拡大回数まで、CB発動時刻から5分間立会を中断し、その後、立会再開時のCB幅は、直前のCB幅に拡大値幅を加算した幅とし、立会を開始する。
(3) 拡大回数を超えてCBが発動したときは、CB幅を拡大せず、CB発動時刻から5分間中断した後、立会を開始する。
(4) ゴム市場については、4回目以降、原則、当月限を除き拡大しない。
(5) 上記にかかわらず、当社が必要と認めるときは、中断時間及び拡大値幅を変更することがある。

3. CB発動時のCB幅の事例

(1) 金の場合
 1回目のCB発動後 = 150円 (当初値幅)   + 150円(拡大値幅) = 300円
 2回目のCB発動後 = 300円 (直前のCB幅) + 150円(拡大値幅) = 450円
 3回目のCB発動後 = 450円 (直前のCB幅) + 150円(拡大値幅) = 600円
 4回目以降 = 600円のまま

(2) 小豆の場合
 1回目のCB発動後 = 350円(当初値幅) +350円(拡大値幅) = 700円
 2回目以降 = 700円のまま

現在適用中のサーキットブレーカー幅等についてはこちらをご覧下さい。
※ サーキットブレーカー(CB)制度については「よくある質問(FAQ)」をご覧下さい。

TOP