取引集中時間帯のご案内

 

2014.4.7

 株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 江崎格)は、農産物・砂糖市場、石油市場(軽油)及び中京石油市場の市場振興を目的として、取引に参加されている皆様の参考に資するよう、「取引集中時間帯」を公表することといたしました。
 取引集中時間帯とは、日中立会及び夜間立会のそれぞれにおいて取引が最も活発に行われている時間帯のことで、その他の時間帯と比べると売買注文が比較的成立しやすいと考えられる時間帯をいいます。
 当社としては、この時間帯での注文が必ず約定されることや有利な値段で成立することを保証するものではなく、また、この時間帯以外での注文を制限するものでもありませんが、マーケットにおいて取引が集中する時間帯を利用していただくことで、市場参加者がより取引に参加しやすい状況が作られるものと考えています。
  取引集中時間帯の詳細につきましては、以下をご参照ください。


1.農産物・砂糖市場における取引集中時間帯

上場商品 立会区分等 取引集中時間帯
とうもろこし
一般大豆
小豆、粗糖
日中立会
(9:00〜15:30)
午前(9:00〜12:00) 9:00〜9:30
午後(12:00〜15:30) 15:00〜15:30
夜間立会(17:00〜4:00) 17:00〜17:30

 

2.石油市場(軽油)及び中京石油市場における取引集中時間帯

上場商品 立会区分等 取引集中時間帯
軽油
中京ガソリン、中京灯油
日中立会(9:00〜15:30)
夜間立会(17:00〜4:00)
15:00〜15:30※

※当該時間帯は、石油製品のOTC市場であるJ-Oil Exchange Pte Ltd(JOX)の「JOXタイム」とも重複しており、当業者の裁定取引が多く行われる傾向があります。
≪JOXタイムとは≫
JOXにおける石油製品の取引時間(9時から19時)のうち、国内の大手価格報告機関が価格評価(アセスメント)に用いる15時から15時半の取引時間帯のことで、取引が最も活発に行われる時間帯のことです。

「取引集中時間帯のご案内」(PDF)はこちら

サイドナビゲーション

サイドナビゲーションここまで

ページの上部へ戻る