原油の現金決済先物取引の対象の変更について

2014.10.21

 

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 江崎格)は、10月17日付で農林水産大臣及び経済産業大臣より原油の現金決済先物取引の対象の変更に係る業務規程の変更について認可を受けましたのでお知らせいたします。

当社の原油については、これまで現金決済先物取引の対象を「ドバイ原油とオマーン原油の平均価格」としておりましたが、現物取引の実態に則したより使い勝手の良い取引環境を整備すること等を目的として、現金決済先物取引の対象を「ドバイ原油の価格」に変更します。

なお、当該業務規程の変更については、2015年1月5日(月)に新甫発会する2015年6月限以降の限月から適用します。

 

TOP