当社取引システムのうるう秒対応について

2015.6.3
2015年7月1日に予定されている‘うるう秒’の挿入について、当社は取引システム及びネットワークにおいて“08:59:60”は発現しない方法で時刻同期するシステム対応を行います。
当社はタイムサーバ上で、当日午前6時55分から午前9時までの125分間で、1分ごとに8ミリ秒ずつ遅らせるシステム対応を行います。
TOP