LBMA Good Delivery Listの使用に係るライセンス契約締結について

2015.6.26

 

 2015年6月25日、株式会社東京商品取引所(TOCOM:東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道)とLondon Bullion Market Association(LBMA:ロンドン地金市場協会・最高経営責任者ルース・クロウェル)は、上海で開催されたThe LBMA Bullion Market Forumにおいて、LBMA Good Delivery List(以下、「LBMAリスト」)の使用に係るライセンス契約を締結しました。

 LBMAリストについては、TOCOMが金・銀の受渡供用品の指定に関し、当該リストに認定されていることを申請者の要件の一つとするなど、ロンドン市場をはじめとする現物市場やCME・NYSE Liffe US等の先物市場でも使用されており、世界標準のものとなっています。

 今回のライセンス契約締結に際し、TOCOMの代表執行役社長の濵田隆道は、次のように述べております。「今般の契約締結により、当社は、LBMAとの協力を強化しつつ、金・銀のマーケットの活性化を図るべく、世界の当業者との関係構築にも積極的に取り組んでまいります。」

 LBMAの最高経営責任者ルース・クロウェル氏は、次のように述べました。「TOCOMがこのライセンスを取得するに至ったことを喜ばしく思っています。LBMAでは今後も日本を始め、広くアジアの金・銀地金産業界の協力関係を強めて行きたいと考えています。」

 

≪参考≫London Bullion Market Association(LBMA)

ロンドン金市場・ロンドン銀市場で流通する金・銀の規格を制定・管理するとともに、厳格な審査に合格した精錬会社等を登録・認定している団体。登録・認定された精錬会社等はLBMA リストに加えられます。なお、LBMAには、金は73、銀は83の鉱山会社、精錬会社、加工会社及び金融機関等が加盟しています。

TOP