ニュース

2016.9.20

 

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道)は、本日、新システム(株式会社日本取引所グループ(JPX)のデリバティブシステム(J-GATE)及びJPX清算システムの共同利用)の運用を開始しました。
本システムによって、より高速な取引及び相場情報配信が可能となり、また取引所間の接続を通じてワンストップで取引できる環境が整います。これにより、商品と金融の垣根を越えて投資家にとっての一層利便性を向上させることが可能となり、当社にとっては既に大阪取引所においてデリバティブ取引を行う金融・証券市場のプレーヤー等の当社市場への参入が期待されます。
今後、当社は、新たな市場参加者の獲得に注力するほか、JPXとの共同マーケティングやプロモーション等を通じて相互の市場振興に繋がる活動を展開していく予定です。
なお、今回のシステム更改に合わせて、市場参加者の取引機会をさらに拡大するため、取引時間を延長しています。日中取引は取引開始時刻を15分前倒しして8時45分から15時15分まで、夜間取引は取引終了時刻を1時間30分延ばして16時30分から翌朝5時30分までとしました。
また、金オプション取引については、投資家などのニーズを踏まえ、商品設計を変更しました。現金決済によるヨーロピアンタイプの採用や取引単位の小口化、6限月制の導入による取引期間の拡大など、市場参加者が取り組みやすい設計としています。
当社は、引き続き、当社市場の信頼性・利便性の向上に努め、市場の流動性拡大、ひいては商品先物取引業界の発展に向けて取り組んでまいります。

TOP