ニュース

2016.12.6

img_1412

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道)は、2016年12月の第12回中国(深圳)国際デリバティブ・フォーラム期間中に中国期貨業協会及び中国新永安期貨有限公司との間で、以下の通り協力関係構築に係る覚書を締結しました。

 

1.中国期貨業協会とのMOU締結について(2016年12月4日付)

(1) 中国期貨業協会の概要

・ 中国期貨業協会は、中国の「社会団体登記管理条例」及び「期貨交易管理条例(先物取引管理条例)」に基づいて登記、設立された中国の先物業界における自主規制機関である。本部は北京。

・ 主な業務内容は①先物外務員資格の認定及び管理、②会員及び先物外務員に対する管理監督、③投資家教育、先物市場振興、④海外先物関係機関との交流等。

(2) 提携内容

・ 相互理解の推進のため、定期的な情報交換等、情報共有の基盤構築を目指す。

・ 日本、中国双方の金融市場に対する理解の深化等を目的に、社員の相互派遣を含む多様な研修を相互に実施。

 

2.中国新永安期貨有限公司とのMOU締結について(2016年12月3日付)

(1) 中国新永安期貨有限公司の概要

・ 2006年香港にて設立、親会社は中国永安期貨。

・ 親会社の永安期貨は1997年設立、本社杭州、資本金8.6億元(約155億円)、中国主要ブローカーの1社。

・ 中国の4先物取引所(上海先物取引所、大連商品取引所、鄭州商品取引所、中国金融先物取引所)の清算会員、全国38都市に営業所。

(2) 提携内容

・ 中国市場における共同マーケティング活動の展開。

・ 当社遠隔地仲介取引参加資格の取得に向けた協力。

TOP