ニュース

2017.2.2

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道)は、2月1日付で農林水産大臣及び経済産業大臣より白金限日取引(愛称*:プラチナスポット)に係る業務規程等の変更について認可を受けました。
プラチナスポットの取引開始日は2017年3月21日(火)を予定しています。

*限日取引の愛称について
限日取引の愛称については、金にあっては「ゴールドスポット」、白金にあっては「プラチナスポット」といたします。

濵田隆道 代表執行役社長は次のように述べています。
「プラチナスポットについては、2015年5月に上場し、当社の主力商品の一つにまで成長したゴールドスポットと同様の決済期限のない商品設計を採用しています。この特長は、ゴールドスポットの取引経験者はもとより外国為替証拠金取引等を行う投資家にとっても取引し易いものと考えており、こうした市場参加者のより一層の参入が期待されます。コモディティ投資への関心が高まる中、プラチナスポットが当社を代表する商品の一つとなるよう努めてまいります。」

※プラチナスポットに係る取引要綱はshiryou20170202をご覧ください。

 

TOP