ニュース

2018.1.15

 

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道、以下東商取)は2017年12月25日、中国の大手民間金融ITベンダー、ATPlatform Technology LimitedをISVとして承認しました。これにより同社は、東商取における取引に必要な技術情報を取得し、これに基づいたアプリケーションやサービス等の開発および提供が可能となります。

ATPlatform Technology Limitedは本社を深センに2005年に設立し、2013年には香港子会社を開設しました。シカゴとロンドンまでの回線を所有し、既にCME、LME等とDMA接続しています。

東商取では、今般のISV承認により、中国から当社市場へアクセスが容易になり、市場参入に一層の弾みがつくことを期待しています。

TOP