ニュース

2018.5.15

~期間を6か月に延長、必要資金額を低減するなど、ルール改定でより参加しやすく~

株式会社東京商品取引所(東京都中央区・代表執行役社長 濵田隆道、以下東商取)は、第3回TOCOMリアルトレードコンテストを7月2日から12月28日までの6か月間開催します。このコンテストは、商品先物取引で利益を上げるのは難しいという誤解を解くとともに、成績優秀者のトレード手法を紹介すること等により商品先物取引の魅力を広く知らしめ、新たな投資家を呼び込むことを目的としています。コンテストは現実の取引成績を競うもので、こうしたコンテストを公設取引所が主催するのは国内では初の試みでした。

昨年6月から8月末にかけて開催した第1回には240名が参加し、優勝者の利益率は296.37%、今年1月から3月にかけて開催した第2回には340名が参加し、優勝者の利益率は214.94%でした。東商取では、成績優秀者上位10名を表彰し、商品先物取引のイベントなどの場で、どのようなトレード手法で収益を達成したかを公表していただきました。

第3回TOCOMリアルトレードコンテストの開催にあたっては、より多くの投資家に参加していただくため開催期間、コンテスト開始時の最低資金額、評価方法を変更します。開催期間はこれまでの3か月から6か月とし、ファンダメンタル等をベースに中長期的にポジションを保持する投資家に対応します。コンテスト開始時の資金額は最低100万円から50万円に低減し、FX投資家などによる新規参入をしやすくしました。また、評価方法は、これまでの利益率に加え、実益額も導入し、それぞれにおける成績優秀者上位10名を表彰します。最終成績上位者を2019年1月に発表するほか、中間成績として毎月15日時点と月末時点の優秀者についても、コンテスト公式サイト等を通じて発表します。

また、当社がマーケティングを強化している中国でも、投資家の新規参入を促進するため当コンテストへの参加を働きかけています。

東京商品取引所では、商品先物取引がもつ投資商品としての魅力と有益性をさらに広く知っていただくために、今後も引き続き注力いたします。

<第3回TOCOMリアルトレードコンテスト概要>

対象者 個人投資家等(コンテストに参加する商品先物取引業者の委託者)
取引対象商品 当社市場の全上場商品(先物取引及びオプション取引)
コンテスト開始時の
資金額の下限
50万円
評価方法 ①    参加者の評価対象期間における「利益率」で評価
BA)/A×100(%)】②    参加者の評価対象期間における「実益額」で評価
【 BA(円)】A: コンテスト開始時の資金額*+追加入金額
B: コンテスト終了時の資金額*+出金額

* 資金額は、現金、有価証券及び値洗金額の合計とする。また手数料(期間中に支払われた手数料のみ)を含めて計算を行う。

2018年7月2日(月)夜間立会開始時16時30分から
2018年12月28日(金)日中立会終了時15時15分まで(6か月)
エントリー期間 2018年6月1日(金)から2018年11月30日(金)
表彰 コンテスト期間における利益率及び実益額の高い参加者10名を表彰
1位から3位までは金貨とクリスタルトロフィー、4位から10位までは賞状を授与する。
コンテスト専用ページ https://tocom-realtrade.com/
TOP