ニュース

2018.6.11

 

株式会社東京商品取引所(東京都中央区、代表執行役社長濵田隆道、以下東商取)は本日、香港取引所(Hong Kong Exchanges and Clearing Limited、香港、代表Charles Li)と協力関係強化に関する覚書(MoU)を締結したことを発表しました。

両取引所は本覚書に基づき、互いの市場の発展に寄与することを目的に、情報の交換、商品の研究開発、マーケティング及び人材交流等の分野における協力を強化します。

東商取代表執行役社長の濵田隆道は次のように述べました。「東商取には、貴金属業界に対して世界的な指標価格及びリスク管理ツールを提供してきた実績があります。また、香港取引所はデリバティブ市場において、中国本土と世界を繋ぐかけ橋という唯一無二の立場にあります。私たちは今般の覚書の締結を通じて、両国の貴金属市場のさらなる発展に向けて協力していく所存です」

香港取引所CEOのチャールズ・リー(Charles Li)氏は次のように述べました。「この度の覚書の締結は、大きな発展性を有するパートナーシップの出発点を記すものです。当社は幅広い資産クラスの提供と、国際商品価格に対する中国の影響力強化に注力しています。一方、東商取はコモディティ分野において豊富な経験を有しており、両社がコミュニケーションと協力関係を深めることは、互いのコモディティ分野でのさらなる発展に有意義であると思います」

調印式にはチャールズ・リーCEO、濵田代表執行役社長に加え、両取引所の上級役職員らが出席し、香港取引所の市場開発担当の共同責任者リー・ガング(Li Gang)氏と東商取の国際部長 関良一が覚書にサインしました。

20180611_photo1a20180611_photo2

TOP