プラチナスポット

TOCOMのラインアップに、プラチナスポット新登場!

プラチナスポットは、白金(プラチナ)の理論スポット価格を取引対象とする証拠金取引です。
売り買いどちらからでも取引を始めることができ、ポジションは自動的に翌営業日に持ち越される決済期限のない取引です。

プラチナスポットの魅力とは

FX感覚で始める新たな取引

プラチナスポットは白金(プラチナ)の理論スポット価格を取引対象とする証拠金取引です。売り買いどちらからでも取引を始めることができ、ポジションは自動的に翌営業日に持ち越される決済期限のない取引です。

期限にとらわれずに取引できる!

プラチナスポットは、外国為替証拠金取引(FX)と同様、ポジションは自動的に翌営業日に持ち越される決済期限のない取引であるため、期限にとらわれずに取引を行うことができます。

夜間でも取引できる!

取引時間は、土日・祝日を除く8:45 ~ 15:15、16:30 ~ 翌5:30です。夜間取引を行っているので、海外イベント(米雇用統計の発表等)の時間帯でも機動的な取引を行うことができます。

レバレッジ効果で資金効率の高い資産運用!

プラチナスポットは、証拠金取引であるため、レバレッジ効果により資金効率の高い資産運用ができます。

現物を受け取れる制度を導入!

プラチナスポットは、差金決済により取引を終了する商品設計をとっていますが、立会外取引(EFP)や希望受渡しの制度を利用すれば、現物を受け取ることも可能です。

詳しくは、委託先の商品先物取引業者にご相談ください。

取引所取引なので安心!

取引が行われるTOCOMは、農林水産大臣及び経済産業大臣の許可を受けた取引所です。取引の決済の履行はTOCOMグループの清算機関(JCCH)が保証し、また、さまざまな投資家保護制度も完備されています。

FX取引等との損益通算が可能!

プラチナスポットは税法上の扱いを受けます。

  1. 申告分離課税により税率は一律20%
    ※2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間、所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が追加的に課税されます。
  2. 損失は3年間の繰越控除が可能
  3. 日経225先物取引やFX取引等、他の金融商品先物取引等による所得との通算が可能

Tip!! 白金と金の価格差(鞘)の変化を利用した取引

白金は金に比べて生産量・流通量が少ないため、金に比べて希少性が高いとされています。そのため金よりも高い値段で取引されることが多い商品ですが、近年はその価格差が逆転しています。

今後、この価格差が小さくなる、または白金の方が高くなると考える場合は、白金を買い、金を売って差益を取る売買方法があります。反対に価格差が大きくなると考える場合は、金を買い、白金を売って差益を取る売買方法があります。

この取引を行うには白金(プラチナスポット)と金(ゴールドスポット)の価格差を取引する注文方法(商品間SCO)があります。

また、白金と金は、価格変動に相関性のある商品であることから、このように「売り」と「買い」のポジションを持つ場合、リスクの相殺により証拠金額の軽減が見込まれます。

TOCOM白金及び金先物価格推移
白金先物価格-金先物価格

プラチナスポットの取引要項

項目 内容
取引の対象 純度99.95%以上の白金地金の理論スポット価格
取引単位 100グラム
呼値と呼値の単位 1gあたり1円刻み(1ティック当たりの損益は100円)
立会時間 8:45~15:15 16:30~翌5:30
証拠金 SPAN®証拠金
参考理論スポット価格 TOCOMのホームページで5分毎に公表します

理論スポット価格とは…

白金の理論スポット価格は、TOCOMの白金標準取引の「1番限月」及び「6番限月」の帳入値段を用いてTOCOM市場内のフォワードレートを求め、そのレートを用いて、その日の1番限月の価格を納会日までの残日数相当分を現在価値に割り引いて算出します。ただし、「1番限月」の納会日については、「2番限月」及び「6番限月」の帳入値段を用いてTOCOM市場内のフォワードレートを算出し、当該フォワードレートを用いて理論現物価格を算出します。

※帳入値段:1計算区域ごとに損益計算をする際(値洗い)の基準となる値段です。