危機管理への取組み

システム障害等に係るコンティンジェンシー・プラン(緊急時対応計画)等について


  本所または外部関係機関において、システム障害をはじめ、地震・風水害等の自然災害、テロ、社会インフラの停止等、原因となる事象を問わず、本所市場における売買取引が継続できない場合等、不測の事態が発生した場合に備え、その影響を最小限に止めるため、予め売買取引の継続等に係る対処方法を明確にする観点から、「システム障害等に係るコンティンジェンシー・プラン(緊急時対応計画)」及び本プランに基づく「納会日における当月限の取引(取引最終日のオプション取引における当月限の取引を含む)にシステム障害等が発生し、当日中の立会再開が困難となった場合の取扱いについて」を策定しています。。

 

BCP(事業継続計画)について


2009.9.16

 当社では、災害等のリスクが顕在化した場合に、迅速かつ効率的な業務復旧を行い、利害関係者への影響を極小化することを目的として、事業継続計画(BCP)を制定しました。
 ここに、当社の事業継続計画に対する基本的な考え方を知っていただくことを目的として、事業継続基本方針を公表することといたしましたので、お知らせいたします。

事業継続基本方針はこちらをご覧下さい。
(※2013年6月3日変更)

以上

サイドナビゲーション

サイドナビゲーションここまで

ページの上部へ戻る