TOCOM V-トレード

TOCOM−Vトレードで世界水準の取引を体験!まずはご登録を。

TOCOM-Vトレード(2009年8月開始)とは、

TOCOMの仮想取引を、無料で体験できるサービスです!
平日のAM8:30〜翌AM4:00にいつでもアクセス可能!
下記のベンダー等のシステム経由で利用できます。

※毎月、第1及び第3金曜日につきましてはサービスを休止しております。

まずは、ユーザー登録!各社のロゴをクリック!

日本テクノシステム(株)
日本テクノシステム(株)
NOZOMI INFOTECH PRIVATE LTD,(英語対応可)
NOZOMI INFOTECH PRIVATE LTD,

新サービス TOCOM-Vトレード・プロ (2010年9月開始)

2011年4月からサービスを一時休止しております。

【TOCOM‐Vトレードについてのご説明】

『TOCOM‐Vトレード』とは、当社が提供する仮想取引(Virtual Trade)のサービスです。

このサービスは、当社の新取引システムと同じマッチング・エンジン(注文発注、約定価格の形成等を行う処理)を備えたテスト用環境と、このサービス向けに注文発注ソフトウェア(フロントシステム)を提供して頂いた取引参加者*1及びITベンダー*2のシステムを結合した環境で提供しています。どなたでも、インターネットに接続できるパソコンさえあれば、当社市場の仮想取引を体験していただけます。

新取引システムは、NASDAQ OMX社製のパッケージソフトを採用しており、従来とは全く異なる多様な売買注文、サーキット・ブレーカー制度など国際標準の取引機能を備えています。取引参加者又はその予定の方や個人投資家の方々には、この「TOCOM‐Vトレード」を商品先物取引の勉強、社内研修、本番取引前の練習又はスキルアップ等の場として有効にご活用頂ければ幸いです。

《補足》従来のバーチャルトレードサービスは、取引参加者各社が自社のホームトレード又はオンライントレードを利用して頂くために、各社がバーチャルトレード用のシステム(取引所のマッチング・エンジンではない)を構築し、お客様に提供していました。

【ご利用方法等について】

*1 「取引参加者」とは、当社市場に上場する商品先物取引に参加できる資格を有する者を指します。取引参加者は、石油元売会社、石油流通業者、タイヤメーカー、貴金属・非鉄精錬業者、総合商社、商品先物取引業者など様々な業種の法人から構成されています。

*2 当社の「ITベンダー」とは、注文発注を主としたフロントシステム等を提供する会社であり、当社に届け出た会社を指します。当社では、市場への参入を促進するために、2003年からこうした会社から届け出を受けることで、各社のソフトウェア製品やサービスを国内外に紹介するとともに、製品の保守やシステムの運用が円滑に進められるよう、当社データセンタへの接続試験環境の提供等の各種支援を行っています。

サイドナビゲーション

サイドナビゲーションここまで

ページの上部へ戻る