TOCOM

TOCOMで金投資をはじめませんか?

TOCOMで金先物取引を行うメリット

資料:金

fdasf

TOCOMの金先物取引では、総取引金額に比べ少額の証拠金※を預託することによって取引を行うことができます。金先物取引のレバレッジはおよそ30倍。その効果により、資金効率のよい取引が可能になるのです。
例えば、金の現物取引を行う場合、1グラム=4,000円だとすると1キロバーを購入するには400万円必要ですが、TOCOMの金先物取引では総取引金額に比べ少額の証拠金※を預託することによって取引を行うことができます。
例:金現物取引と金先物取引の比較
※証拠金の額は、商品先物取引業者が(株)日本商品清算機構発表のスパン・パラメータに基づいて決定します。取引される場合は別途手数料が必要です。詳しくは商品先物取引業者にお問合せください。また、上記の例では、(株)日本商品清算機構発表の2012年3月下期適用の金標準取引の最低必要証拠金額を使用しています。
金現物取引では元手資金は400万円、金先物取引では元手資金は12万6千円ですが、もたらされる効果は同じです。つまり、金先物取引では、少ない投資額で大きな利益を得ることができるのです。
(ただし、値動きが予想の反対となった場合に損失が大きくなることにも注意が必要です。)

好きな時に取引できる

TOCOMの取引時間は、土日・祝日を除く9:00~15:15、16:30~翌4:00です。
都合のよい時間に合わせて金先物取引を行うことができます。
(商品先物取引業者によって取扱時間が異なる場合があります。)