ニュース

2019.9.12

 

電力先物取引の当日帳入値段については、業務規程36条において、原則として最終約定値段とし、適当でないと当社が認めた場合には、他の限月の値段又は市況を考慮して当社が指定した値段にする旨規定しています。

2019年9月17日(火)から取引を開始する電力先物取引については、当面の間、当日帳入値段は、前日帳入値段から10%の変動の範囲内において、他の限月の値段又は市況を考慮して当社が指定した値段といたします。

TOP