需給要因

TOCOMでは2種類のゴムが取引されています

RSS(Ribbed Smoked Sheet)

RSSは、ゴム樹から採取したラテックスを凝固させ、シート状に圧延したもの(USS:Un Smoked Sheet、未燻煙シート)を燻煙した天然ゴムの代表品種です。等級は、視覚的に1X号から1号、2号、3号、4号、5号まで6等級に格付けされ、このうち最も生産量が多く国際取引量も多いのは3号です。TOCOMが上場するRSSも3号が取引の対象(標準品)です。

TSR(Technically Specified Rubber)

TSRは、カップ・ランプ(ゴム液が収集カップの中で自然凝固したもの)やUSS等を原料とし、粉砕、洗浄後にブロック状に成型し、品質検査された天然ゴムです。RSSのように視覚的に格付けせずに、成分分析の結果により格付けするので技術的格付けゴムといわれます。

TSRは米国を中心に欧米で最も利用されている天然ゴムで、日本でもタイヤメーカーの使用が増加し、年間輸入量の半分以上を占めるようになりました。

品質規格は、タイ(Standard Thai Rubber:STR)、インドネシア(Standard Indonesian Rubber:SIR)などの国別標準規格があります。TOCOMで上場するTSRは、タイ産の標準的な規格であるSTR20を取引の対象としています。

TOCOMで上場するTSR20は、タイ王国のバンコク港などにおいて本船渡しの条件(Free On Board:FOB)で受渡しを行う商品設計であるため、世界の需給をダイレクトに反映した価格が形成されます。

なお、STR20の価格は、原料や生産工程の違いからRSSよりは一般的に安い傾向にありますが、インドネシア産の標準的な規格であるSIR20の価格と比較すると、原料と製品の品質水準の違いから、SIR20よりも高い傾向にあります。

TSRの受渡しのイメージ

ファンダメンタルズのポイント

  • 天然ゴムの主要生産国内訳

    天然ゴムの主要生産国内訳

    ※国際ゴム研究会、2017年、単位:万トン

    世界の天然ゴム生産量推移

    世界の天然ゴム生産量推移

    ※国際ゴム研究会

    世界の天然ゴム生産量は1997年の640万トンからほぼ倍増し、2017年には1,338万トンに達しています。生産国は生産性の向上に取組むとともに、ゴム樹の栽培面積を増やしながら消費量の増大に対応しているのが実情です。

  • 天然ゴムの主要消費国内訳

    天然ゴムの主要消費国内訳

    ※国際ゴム研究会、2017年、単位:万トン

    世界の天然ゴム消費量推移

    世界の天然ゴム消費量推移

    ※国際ゴム研究会

    天然ゴムの消費量は2009年にリーマン・ショックの影響で一時的に減少しましたが、その後はゆるやかに増えています。中国が世界全体の実に39%を占め、インド、米国、タイ、日本と続き、今後も世界の経済成長とともに消費量の増加が見込まれています。

  • タイの天然ゴム月別生産量

    タイの天然ゴム月別生産量

    ※国際ゴム研究会

    天然ゴムは一年を通して生産されていますが、生産量は春の乾期に減少し、秋から冬にかけて到来する雨期には増える特徴があります。生産量の変化のサイクルに応じて季節的な価格変化も観察されています。

  • 世界の自動車生産台数推移

    世界の自動車生産台数推移

    ※国際自動車工業連合会、四輪車計

    世界の自動車生産台数は1995年の約5,000万台から2017年には9,700万台を突破しました。それに合わせて天然ゴムの消費量も1,300万トン台とほぼ倍増しています。自動車産業と天然ゴムの消費量には密接な関係があります。

  • 中国の天然ゴム生産量と消費量推移

    中国の天然ゴム生産量と消費量推移

    ※国際ゴム研究会

    中国の天然ゴム消費量は510万トンに急増し、同国の生産量のほぼ6.5倍に達しています。経済の急成長で自動車生産・販売台数が大幅に伸びているのが主因です。2017年の自動車生産台数は2,900万台に乗せ、2000年に比べて10倍以上になりました。

  • 日本の天然ゴム主要国別輸入内訳と
    日本の天然ゴム消費量推移

    日本の天然ゴム主要国別輸入内訳、日本の天然ゴム消費量推移

    ※財務省、2017年、単位:万トン
    ※日本ゴム工業会

    日本の天然ゴムの近年の消費量は年間60万トンから70万トンで推移しており、そのすべてを輸入に依存しています。主な輸入先はインドネシアとタイで、2017年はこの2ヵ国で実に97%を占めています。輸入量は毎月財務省が発表しています。